日本遺産第1号に認定されました。

新着

国道307号線を信楽に行く県境の手前に、徳川家康伊賀越えの道がある。
小さな標識を目印に細い道を山の方に行くとひっそりと史跡の看板がある。

新茶の時期になると宇治田原に新茶を求めに多くの人々が足を運ばれる。
道沿いにあるお茶のお店にも立ち寄られる人も多いが、
この場所まで足を運ばれる人は多くはない。
車で走っていると山間部にはお茶畑を見ることができるが

時間があればぜひ一度お立ち寄りいただくと嬉しい。

京都山城地域は第1号日本遺産に認定されています。
是非お立ち寄りください。
PAGE TOP